ホーム
学校紹介
進路
部活動
保護者
時習の歴史
入学案内
国際交流
学校行事
SSH
SSグローバル
SGH
その他

Mobile phone

平成29年度SGH実施報告

事業リスト


平成29年度 時習館SGH事業計画

Ⅰ カリキュラム開発(学校科目設定科目の開設)

※ SS&SG LTC…SS&SG ロジカルシンキング・コミュニケーション

※ SS&SG ESP…SS&SG English for Social Purposes


    

Ⅱ SGH事業実施日一覧

曜日内容曜日内容
52SSH・SGH成果発表会1019
20

日英独高校生による国際シンポジウム
66English Assembly I
610SGH海外学習 – 国内研修①113SGH発展学習 – 大学との連携
76SGH発展学習-特別講座①11131年SGH特別講演会(調整中)
728SGH海外学習-国内研修②1118SGH海外学習 – 国内研修⑥
818SGH海外学習 – 国内研修③127SGH発展学習 – 特別講座②(調整中)
828SGH発展学習 – 大学との連携1211SGH海外学習 – 国内研修⑦
923SGH海外学習 – 国内研修④1216English Assembly II
SGH海外学習-国内研修⑧
104SGH発展学習 – 企業との連携
1014
15

SGカルチャー119SGH発展学習 – 特別講座②(調整中)
29課題研究発表会(1・2年)
1016SGH海外学習 – 国内研修⑤2年SGH特別講演会(調整中)

Ⅲ SGH事業別

1 【SGH発展学習 – 大学・企業との連携】

目的大学や企業と連携し、グローバルな課題に対する理解を深め、課題研究テーマの設定や理解を深めるとともに、国際舞台で活躍する者としての心構えや「論理的思考力」等を育成する。また、日本がグローバル社会で果たすべき役割・責務を探究する。
対象第1学年全員、第2学年グローバルコース(文系)のうち希望者。定員は連携先によりに異なる。

実施日 内容
8月28日 (木) 神戸大学:開発途上国の貧困問題に関する講義とワークショップ
10月 4日 (水) 調整中(企業)
11月 3日 (祝) 調整中(京都大学)

2 【SGH発展学習 – 国際機関等との連携(特別講座)】

目的 外部講師による講話とディスカッションを通じて、課題研究テーマへの興味関心を喚起し、同テーマへの理解を深めるとともに、グローバル社会で果たすべき役割と責任を探究する。
対象 第1学年全員、第2学年グローバルコース(文系)のうち希望者。

実施日 内容
7月 6日 (木) JICAとの連携:インドネシアにおける中小企業支援
12月7日 (木) 調整中
1月 29日 (月) 調整中

3 【SGH特別講演会】

目的 専門家や外部講師を招き、探究的な学習に対する意欲を喚起させ、課題研究テーマへの理解を深めるとともに、グローバル社会で活躍できるリーダーマインドを醸成する。
対象 第1回:第1学年全員、第2回:第2学年グローバルコース(文系)生徒全員

実施日内容
11月 13日 (月) グローバル企業と調整中
調整中 調整中

4 【SGカルチャー】

目的 日本の貴重な文化財を現地で直接見聞することによって、文化財に関心を持ち、日本の歴史や文化に対する正しい認識を得るようにする。また、課題研究テーマの理解につなげ、その理解を深める。
対象第1回:第1学年全員、第2回:第2学年グローバルコース(文系)のうち、希望者。約40名。
実施日 10月14日(土)~10月15日(日)
内容 1日目:石舞台古墳、伝飛鳥板蓋宮、飛鳥寺、飛鳥資料館、藤原宮跡
2日目:興福寺、東大寺、法隆寺

5 【SGH国際シンポジウム】

目的英独姉妹校3校との連携で、課題研究テーマへの理解を深めるとともに、国際舞台で活躍しようとする意欲や、そのために必要な国際的素養(能力)の育成を図る。
対象 第2学年グローバルコース(文系)生徒全員、英独姉妹校の生徒
実施日 10月19日(木)、20日(金)のうち、各クラス2時間ずつ。
内容 英独姉妹校の生徒を交えて、課題研究テーマに基づいたグループワークを英語で実施した後、グローバルな共通課題を英語で議論し、提言をまとめる。実施にあたっては、学校設定科目「SG国際探究」及び「SS&SG ESPⅡ」との関連を図る。

6 【SGH海外学習】

本事業全体の目的 国内研修と海外研修の2本立てで研修を実施する。国内研修では、「歴史と文化」をテーマとする課題研究への取組及び発表を通じて、また、海外研修では課題研究成果の発表とディスカッションや海外の大学、グローバル企業、国際関係機関との連携(講義・ワークショップ)を通じて、グローバル・リーダーに必要な国際的素養を身につける。

【SGH 国内研修】

目的 課題研究への取組と発表、また、専門家や外部講師による段階的かつ集中的な講義と個別指導を通じて、問題を解決する能力や異文化を理解しようとする態度や情報を発信する能力等を育成する。
対象 第1学年全員、第2学年グローバルコース(文系)のうち、希望者40名程度

実施日 時間 内容等
6月 10日(土)13:00~16:00オリエンテーション
講義(課題研究、問題解決型思考)
英語力測定テスト①
7月 28日 (金) 10:30~16:00講義(言語、文化、ポスタープレゼンターション)
ディスカッションに関するワークショップ
8月 18日 (金) 10:00~16:00研究状況報告(英語による発表)
英語面接テスト
9月 23日 (祝) 12:30~17:00英語による専門的な講義
ポスタープレゼンテーション練習、外部講師による指導
英語能力測定テスト②
10月 16日 (月) 16:30~18:00英独姉妹校生徒とのワークショップ
11月 18日 (土) 13:00~16:00ポスタープレゼンテーション練習、外部講師による指導
12月 11日 (月) 16:00~18:00ポスタープレゼンテーション練習、外部講師による指導
12月 16日 (土) 9:30~15:00English Assembly II
 講義・ワークショップ(異文化理解について)
 ポスタープレゼンテーション最終発表
 異文化に関するディスカッション

【SGH海外研修】

目的 英国、ドイツにおける本校の姉妹校にて、また、マレーシアにおける豊橋科学技術大学ペナン研修校を拠点として、現地高校3校にて、課題研究成果の発表、ディスカッション等を実践し、また、大学、国際企業や国際機関でワークショップ等を行う。これらの活動を通じて、国際的視野を確立し、グローバルリーダーとしての意識・責任感を発揚する。
対象 SGH海外学習国内研修参加者のうち、海外派遣生徒として選考された生徒
補足 英国:8名 セント・ポールズ校及びセント・ポールズ女子校 (本校の姉妹校)
ドイツ:4名 オットー・フォン・タウベ・ギムナジウム (本校の姉妹校)
マレーシア :4名 豊橋技術科学大学ペナン研修校、ジン・シン校、チュンリン・ペナン校他

マレーシア派遣生徒のみ
11月中旬から1月まで 平日授業後に実施(11・12月は国内研修、1月は英国・ドイツ派遣生徒の研修と平行して実施)
1月中旬 マレーシア研修
英国・ドイツ派遣生徒のみ
1月から3月まで 平日の授業後に実施(1月はマレーシア派遣生徒の研修と平行して実施)
3月中旬 英語研修、ドイツ研修